最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月 6日 (日)

今時のバイエル事情

先月からちょっと知り合いの先生の生徒さんを数人引き継ぎました。
みんな小学生低学年で始めてから1~2年という子ばかり。
こんなテキスト持ってきました。

notesこどものバイエル・田丸信明編(Gakken)notes

たぶん今のお母さん世代でピアノを習われた方は皆さんほとんどバイエルだったと思います。
私もそうでした。

昔のバイエルは上下巻。
一冊のボリュームが結構あってなかなか終らないし、挿絵も題名のついた曲もなくて、味気なくて小さなお子さんにはどうかな? ってイメージありましたがどうも最近のはそうでもないみたいですね。

この学研版もそうですが、どこの出版社のものもだいたい5~6巻から構成されていて一冊がとっても薄いです。
今回引き継いだ生徒さんは二年目くらいで3巻を弾いている感じですが、一冊終る毎に小さな達成感があってこども達にとっては嬉しいだろうなと思います。
どの版も原書とは少し曲順が前後したり、同じようなテクニックの練習曲を省いてあったりとそれぞれ工夫があるようですが、この学研版に関しては新しい指の動きや新しいリズムが出てくる前に短い予備練習が付いていてとても便利です。

導入段階で経験できる音域や伴奏形に少し偏りがあるのでやはり併用曲集は必要かな。
引き継いだ生徒さん達はnotesピアノの森(Gakken)notesを持ってきたので今はそのままそれを使っています。

あとはテクニックとかソルフェージュの面で足りないなと思うところは色々なテキストから使いたい部分だけを選んで色々補うようにしていますが、それについてもまたご紹介できればいいなと思っています。

何はともあれ、ちっちゃい子達が上手に弾けるようになりたいと頑張っている姿は本当に嬉しくて、いっぱい元気をもらっています。

私もできる限りの事を伝えられるように、自己研鑽に励みたいと思いますshineconfident

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31