最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月18日 (水)

音楽療法

「ビリーブの会」の加藤博之先生の講演会に行ってきました。
加藤先生は音楽療法で発達障害をもつお子さんの指導に当たられている先生です。
とても穏やかで、あったか〜い感じの先生でした。

別に音楽じゃなくてもいいのかもしれません。
絵でもいいし、スポーツでもいいのかもしれません。
生きていく上での大切な技を身につける方法は他にもたくさんあるのだと思います。

ただ私は音楽が好きだから、音楽のもつ力で、今生きることが大変だと感じている誰かのお手伝いができるのならそれはとても素敵な事だなと思いました。

興味のある方はこちらへどうぞ soon ビリーブの会 加藤博之先生

Photo

感動のあまり、会場で即購入・・・

障害のあるなしに関わらず「教える」って、「伝える」ってなんなんだろう・・・と迷った時のヒントになりそうですhappy01

2009年2月13日 (金)

困った患者さんです

去年の秋の健診で心電図に異常あり、と診断されまして。

年末にちょっとした精密検査していただきました。
運動中や特にショックを受けたわけでもない時に不定期に脈が乱れるのが多すぎるって。
睡眠中も何度も見られるって。

とりあえず、これといった原因も見当たらないし軽度なので月に一度の検査と診察で様子を見ましょうって事になっていたのですが。

今回また心電図をとったのですが、どうも先生脈の乱れが気にかかるみたいで。
不整脈そのものは軽度なんだけれど、脈が乱れるってことはそれだけ心臓に負荷がかかるって事で心臓にとってはあまりよろしくないと。
睡眠中くらいは心臓もゆっくり休めてあげた方が良いから寝る前に脈を整えるお薬を飲みましょう、って言われました。

・・・私、お薬大っ嫌いなの。サプリも好きじゃないし。
風邪でも何でも、できれば自然治癒力とお食事で治したい人なんです。
これといった自覚症状もないし、日常生活に支障ないっていうのに何でお薬飲まなくちゃダメなの~~って、言っちゃいました。

今診ていただいている先生がね、これまたすごく穏やかで、優しくて、いい人でねぇ。
~私よりたぶんちょっと若いんだと思うんですが~
私があんまりあれこれ質問するものだから、心臓の模型を使って説明してくださったり、お薬の辞典を引っ張り出して読んでくださったり。

先生「今は軽度でも放っておくと心不全や高血圧の原因にもなります。そうなったらもっと強いお薬を飲む事になってしまいますからね。」
ひろん「でも、今現在はこれといった症状がないのに予防のためにお薬飲むってのがちょっと・・・」
先生「あっ、すみません。説明がよくなかったですsweat01 予防ではないんです。あくまでも治療です。軽度ですが不整脈が見られますから、そのままでは良くないのでそれを抑えるお薬なんですよsweat01sweat01

・・・ふふふっ、困らせちゃったcoldsweats01
別に先生を疑ってるわけでもないし、絶対に飲みたくなかったわけでもないんですけどね。

結局、毎日寝る前に一錠のお薬と、引き続き月に一度の心電図と血液検査で様子を見る事になりました。

でもさぁ~、お薬で脈を整えて検査したってさ、治っているのか治っていないのかって、わからないよねぇ~。
だってお薬飲んでるから脈が整うんでしょう???
・・・ってまだ言ってます。
かなり飲み込み悪いうえに、疑い深い性格です。

そうそう、最後にね「先生、私毎晩ほとんど晩酌するんですけど、その後にお薬飲んでも大丈夫ですか~」って聞いたら
ん~~~ってしばし考えてから「教科書的にお答えすればダメです。・・・でもホンの少しなら大丈夫ですよ~」
って、すごい真剣に答えてくださいました。

あはは~っ、きっとすごい真面目な人なんだねぇ~。
これからはあんまり困らせないでおこうと思いますsmile

2009年2月12日 (木)

春はそこまで来てますよ~

Photo_6 水戸の偕楽園の梅です。

梅まつりの時期になると道路がめちゃ混みでうんざりなので少し早めに行ってきました。

ダンナさんが平日休みだったのでふたりっきりでドライブcar
子供達と一緒じゃ絶対行けないところに行こう~~ってことで。

今日は関東地方ポカポカ陽気で春休み並の気候だそうです。
梅じゃなくて桜が咲きそうなくらいの柔かな日差しです。

久しぶりにお布団も干せたし・・・満足満足happy01

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31