最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

幸せの種

自転車でひとまわりするお買い物コースにお気に入りのパン屋さんがあります。
最近そのお隣に自家焙煎のコーヒー豆屋さんができたの。

お買い物のついでにちょっと寄れるから一週間で飲みきれる分だけ、そのときの気分の豆を買う。
ダン様は深煎りのヨーロピアンブレンドがお好みで、私はアメリカンが好き。
だから100gずつ、二種類。

もちろんお隣のパン屋さんではかならずパケットを一本。
パンは自分でも時々焼くけど、バケットだけは普通の家のオーブンじゃちょっと難しい。
石をカンカンに焼いて、そこにお水をザッといれて蒸気を出しながら焼かなくちゃないからね。
だからという訳でもないけれど、パン屋さんではフランスパンばかり買ってしまう。
そして美味しいバケットがあるとついつい飲みたくなるのがワイン。

幸せの種はいつも自分の周りにいっぱいある。
どうしようもなく落ち込んだ時でも、もうダメだ~って絶望的になった時も、焼きたてのパンとコーヒーの香で私はとても幸せな気持ちになれるの。

私がピアノを弾きにいくのも、教えるのもたぶんそういうことなんだと思う。
わたしのピアノで病気が治せるとも、自殺したいくらい悩んでいる人を救えるとも思ってない。
ものすごいテクニックがあるわけでもないし、たいして芸術性があるわけでもないよ。
でもね、たまたま通りかかって耳にしたピアノの音で誰かひとりでもほんのちょっと幸せな気持ちになってくれたらいいなぁ~って。
そんなピアノが弾けたらいいなぁ~って思ってる。
だから頼まれたら、嬉しい場所でも悲しい場所でも、可能な限りどこへでも弾きに行く。
幸せの種を蒔きにね。


♪歌の翼に/メンデルスゾーン(ひろん☆)

2008年2月27日 (水)

風邪はどこから・・・

♪風は海から~・・・っていう歌ありましたが(古過ぎましたねsweat01)
どこからもらってきたのかきのうから鼻かぜ。
たぶん富山のお寺さんが半端じゃなくすごく寒かったからあそこからかなぁ~
朝起きてのどの奥がむずがゆいって感じたら、起きてすぐに生姜湯を飲む。
ローズヒップに生姜ひとかけぐわ~~っとすりおろして蜂蜜を入れるのが私流cafe
お腹の中からぽっかぽか、これでここ数年はのどと鼻の風邪は悪化した事がないんだけれど今回はちよっとダメみたいです。

今日は久しぶりの生演奏。
演奏中鼻がかめないのが辛いんだよね~・・・
お薬飲むの、ホントはあんまり好きじゃないんだけどしょうがない、今日は葛根湯飲んでいって来ま~すpaper

2008年2月26日 (火)

春一番

週末は義祖母の一回忌の法要があり、富山まで行ってきました。
行きも帰りも強風&高波のため特急も新幹線も各駅停車&徐行運snail 
順調にいったって5時間弱の長旅なのに、今回は一日がかりの移動になってしまいましたsweat02
あそこまで遅れるとさすがにうんざりで、特急料金返してくれよ~~~punch
って感じでしたが、次の日新聞を見たら春一番と北陸の高波の被害のニュースが大きく出ていたのを見て納得。
世の中すごい事Photoになってたんですね・・・あれじゃあ仕方ないよね。

確かにすごい波でした。
日本海って硬派っていうか、男っぽいっていうか、なんか凛としててカッコいいって太平洋育ちの私はいつもそう思うけど、今回のは特に迫力あったなぁ~

偉かったのはポコとペコ。
帰りの新幹線はぎゅうぎゅう詰めでデッキに2時間以上も立たされたのに「座りたい~」とか「まだ着かないの~」とかほとんど言わなかった。
ポコはたまたま行く少し前からはまっていた小説があって、寝る間も惜しんで読んでいたからそのおかげもあるけれど、それにしてもふたりとも成長したなぁ~って、ママはびっくりです。
なんでこんなに幼いの~~って思う日もあれば、こうして急に大人になったなぁ~って驚く日もあって、そんな事を繰り返しているうちにいつの日か本当に私の手を離れていくんでしょうね・・・あぁ~しんみり・・・

Photo_2 富山駅前。
久しぶりに鼻の頭が凍りそうな寒さの中を歩いたよ~snow
洋服にくっついた雪が融けないでそのまま白く積もるんだよね~。
若い頃、飲んだ後酔い覚ましに散歩した欅並木のイルミネーションにちょっと似ていてとっても懐かしい感じがしました。

2008年2月22日 (金)

ワルツ

バレエのレッスンから帰ると必ずその日に新しく習ったステップだのなかなかできるようにならないポーズだのを家でひと通りやって見せないと気がすまないペコ。
私はもう一刻も早くレオタード脱いでお風呂はいって欲しいんですけどねsweat01

で、気がついたのは最近やたらと3拍子のステップが多くなったなぁ~ってこと。
そういえば幼児クラスのときは発表会もポルカとかマーチばっかりだった。
ワルツとかマズルカとか3拍子系のリズムはもともと日本にはなかったリズムなので大体の日本人は苦手とされてますね。
私もワルツはあんまり上手に弾けないなぁ~・・・

去年行きつけの喫茶店で開かれたサロンコンサートでマスターの古い友人だと言うウィーン生まれのおじいちゃんピアニストがショパンを何曲か弾いてくださったんですけどね。
それはそれは素晴らしい演奏で、確かにミスタッチも多かったんですけどねっ、でも音楽の内容が最高でした。
なんだろう、国民性というか、血というか、もって生まれたものが根本的に違うんだった思い知らされた感じがしました。

きっと小さい頃に体で覚えたリズムって忘れないと思うんだよね。
きっとペコは私より上手にワルツを弾いてくれるんじゃないかなぁ~って、母は密かに期待しているんですよ
バレエはバレエのためだけにあらずcoldsweats01

2008年2月20日 (水)

初試合

ポコがついに試合デビューしました。
なんと二回戦まで進むことができましたscissors
・・・と言うか、一回戦は相手がお休みで不戦勝だったんですけどね。
だから結局1回も勝ってませんsweat01
でも、取られたのは一本だけであとは時間切れ。
よくねばったと思います。
先生にも「いい試合だったぞ~、惜しかった。この次は1本取れるぞ~」って褒めてもらえました。
一回戦が不戦勝だったのでやたらと待ち時間が長くて、本人は試合の前にすっかりだれてしまった感じでしたが、かえってそれが良かったみたいで思ったほど舞い上がった様子もなく落ち着いて試合に臨めました。

文化部出身の私はあぁいう雰囲気にはどうも慣れていなくて、思いの他緊張したのか何だかどっと疲れてしまいました。
あんなに大勢の人が見ている中でたったひとり場内に入っていくのって結構勇気がいることなんじゃないのかなぁ~・・・
shineポコすごいじゃんshine

次の試合は来月はじめです。
今度は1本取れるかなぁ~・・・楽しみ楽しみheart04

2008年2月15日 (金)

スタインウェイのピアノ

実家にいた頃にお世話になっていた楽器店の店長さんが突然電話で「スタインウェイのピアノ買いませんか~」って・・・
結婚してからは年賀状のやり取りくらいのお付き合いしかなくて、家に電話が来るってこと自体びっくりなのに事もあろうにいきなりスタインウェイですからねぇ。
私ったらご挨拶もろくにできないまま「えっ、ええ~っ、スタインウェイですか~~~」って思わず素っとん狂な声をあげてしまいました(汗)
なんでも楽器店のほうは定年を迎えられて退職して、個人的にスタインウェイピアノの販売を始めたらしいのです。
「お金があって、尚且つ志の高い方を探すのは大変でなかなか売れないんですよねぇ~」
って言うんですけどね、それでなんで私なんでしょう???
それから数日してしっかりとパンフレットと展示会のご案内が送られてきました。
それを眺めながら「こんなお金あったらさぁ、1番小さいのでいいからベンツ買うよねぇ~」って語り合う私とダン様(笑)
店長さんにはとても申し訳ないけれど、うちはお金持ちでもないし志だってそんな程度ですからね。
確かにスタインウェイの響きは魅力的だけど、それを充分に活かせる人間は家にはいません・・・断言できるのがまた悲しい(涙)・・・
やっぱりピアノだって自分の音を素敵に響かせてくれる人に弾いてもらいたいと思っているに違いないものね。

2008年2月12日 (火)

進級

ペコの通う音楽教室はひとつのコースが2年で終了するシステムになっています。
幼稚園のコースで2年、そして小学生のコースに進級して2年、で来春また新しいコースに進級するわけなのですが、今までと同じくグループレッスンだけのコースにするか、個人レッスンも並行して行う専門的なコースにするかとても悩んでいます。

幼稚園のコースを終了した時にも先生からはダブルレッスンのコースを薦められましたが、のらりくらりの性格で人より前に進もうなんてこれっぽっちも思わないペコは「今と同じグループでみんなと一緒がいい」というのでそのままグループのみのコースに進級しました。
グループレッスンの内容はソルフェージュが中心なので、この2年間、ピアノに関しては家で私がちょこちょこ教えてきたというわけです。
で、またまた進級を考える時期になりました。
先生から「今度こそはぜひぜひダブルレッスンを」と強く薦められてしまいました。

確かに親が教えるのはもう限界だって思います。
お互いに甘えが出てダメです。
だぶんペコも他の先生に対してはあそこまで生意気じゃないだろうし、私だって他の子にはあそこまできつく言わないものねぇ(笑)
ダブルでレッスン受けたら絶対に上手になるのはわかってるんですよ。
だけどねぇ、肝心のペコがね~~・・・これ以上お稽古の日増やしたくないって(涙)
ペコが教室に行く日はもちろんのこと、私が自宅レッスンしている日もおおっぴらにはお友達を家に呼ぶことはできないし、家が遠いお友達の所へ送ってもいけない。
これにピアノのレッスンが増えたらお友達とぜんぜん遊べなくなるじゃん~~~~って事みたい。
家でママに教えてもらうほうがいいって。
だったら私としてはもっと素直な態度でレッスン受けてくれよ~~~って言いたいですけどね。

それで、ちょっと聞いてみたんです。
そんなにお友達と遊びたいんだったらお稽古どれかやめてみる?
そしたらね、なんと何をやめるって言ったと思いますか?

   ・・・ピアノ・・・    

もう母はがっくりです。
あらそう、ピアノはその程度ですかってねぇ。
ピアノもパレエも好きだけど、どちらかと言えばバレエの先生になりたいと言ってます。
でもね、バレエには体格というとてもシビアな問題があって、私の血を受け継いでいるペコは今もこの先もすらっと伸びた8頭身は絶対に望めないと思うんですよね。
近い将来必ずそれに自分で気がつくときがくるだろうし、そうなった時にはもう続けられないと思うんです。

それならそれでピアノはそれからでもいいかなぁ~とも思うし、でも実際同じ年頃の子がもうソナチネ、早い子はソナタを弾いているって思うと親としては超焦る訳ですよ。
親が焦っても仕方ないんですけどね。

先生はね「本人はまだ小さいから自分にとって今何が大事なのかはっきりとはわかっていませんよね。ただ好きか嫌いかだけで判断していると思います。だからお母さんがそれとなく本人のためになる方向に進めるように助言してあげてもいいんじゃないですか」っておっしゃいます。
確かにそうだと思います。

そうなんだけど、私ねお稽古って親に言われてするものじゃないと思うんですよね。
やりたいと思わなきゃやる意味がないって。

まぁだからこそ先生の言うように「やりたい」と思えるような助言をしてあげなきゃダメなのかもしれないけれど、どうもそこまでお膳立てしてほれやれ、それやれっておだててまでピアノ弾かせなきゃないの?  どうなの? という素朴な疑問がふつふつと湧いてきまして・・・
自分の子供に対してかなり冷めた態度の母ですね(汗)

とにかく、ペコとしてはグループレッスンは楽しいらしく~だって練習って言う練習しないで行ってもそれなりに弾けちゃうもの、楽しいはずだよねぇ~続けたいということなので、あとは個人レッスンをどうするか、とりあえず先生の意向をペコに話して本人がその気になるよう努力はしてみようと思いますけど・・・なにせあのペコですからねぇ・・・

あぁ~もぅ子供っていうのはどうしてこう思うようにならないんでしょうねぇ~~
私が悩むほど本人は悩んでいないってのがまたとてもとても腹立たしいです(怒)

2008年2月 5日 (火)

確かに人生は短いけれど

人生は、指の練習をしているには短すぎるし、第一、意味がないもの。
   ~フジ子・ヘミング「魂のことば」より~

うんうん、そうそう。
私には時間がないのよ。
だから最近ハノンもエチュードも省略(笑)
弾けないパッセージはただひたすら部分練習あるのみ(爆)

初心者はピアノを弾くための指の練習なんてしないほうがいい
  ~またまたフジ子・ヘミング「魂のことば」より~

そうそう、ぺコもつい最近まで教則本ほとんどやらずにいきなりレパートリーばっかり弾いてたんですよねぇ~。
そしたらね、呆れる位指がふにゃふにゃですよ~~
おまけに人より少しばかりお耳が良いのでさ~っぱり楽譜というものを読みません(汗)
あんまりなので、最近バーナムピアノテクニック始めました。

曲の中のとんでもなく難しい部分で指の練習ができちゃうのはフジ子さんが天才だからなんですよ~。
初心者のみなさん、お指の練習も少しはしましょうね~(笑)

まだまだ、まだまだ

感謝の気持ちを忘れない。
上手くいかない事を人のせいにしない。
いつもそう思っているのに、それを実行するのはとてもむずかしい。
いざとなるとすぐに自分の想いばかりでいっぱいになる。

自分以外の誰かのために生きたいと思えるようになるまで100万回も生まれ変わったねこ。
私はいったい何回目の人生を歩んでいるのかな?
あと何回生まれ変わったら人のために生きられるようになるんだろう?

このままじゃまたこの世に送り返されること間違いなしだわねぇ・・・


♪祈り/フォーレ 演奏・ひろん☆

2008年2月 4日 (月)

雪・・・

Photo 子供達のはしゃぐ声に起こされて窓の外を見たらいちめん真っ白の雪景色。
あぁ~スタッドレスに替えててよかった~。
この辺は年に一度降るか降らないかって感じで、積もっても日が昇れば大きい道路はすぐにびちゃびちゃになるからスキーに行く予定でもない限りみんな冬になってもノーマルタイヤのままです。
でも私はお仕事するようになってからというもの、たった一度かもしれない積雪のために一冬スタッドレスです(笑)
北国育ちの私はノーマルタイヤで雪道を走るなんてとても恐くてできません。

今日は例の100人の合唱の本番。
ペコはついに今日までおたふく風邪が完治せず欠場(涙)
チケットをすでに買ってしまっていたので私だけ聴きに行きました。
・・・案の定「ノーマルタイヤなのよ、どうしよう~」と困っていた友達を乗せて(笑)

みんなすごく頑張ってた。
声も練習の倍出ていたし、毎回注意されていた所も全部きっちり上手にできてたよ。
子供ってどうして本番の方が上手なんだろう?
大人じゃ考えられないよね・・・私なんて普段の6割できたらいいほうだもの。

帰ってきて本番の様子を話してもあんまり残念そうでもないペコ。
何食わぬ顔で「ららら~ららら~」って今日歌うはずだった歌を口ずさんだりして。

こういうどうしようもない事をくよくよ、ねちねち引きずらないのがペコのいい所だと思うよ。
思うけどさ、こうもあっさりだとそれ程やる気でもなかったのかしらねぇ~って、親としては何だか複雑です。

来年は自分のオリジナルの曲を演奏できるといいね・・・って思っているのももしかして母だけですかねぇ?

今日は節分。
帰りに豆まきの福豆を買って帰ろうとスーパーに寄ったら影も形もなくなっていました。
そうだよね、みんな昨日か今日の昼にやっちやったよね(涙)
仕方ないので太巻きを4本買って帰りました。

コンサートの会場に行く途中の神社があり、節分で大賑わいでした。
うちのダン様、今年は厄年らしいです・・・そのうちきちんとお参りに行かなくちゃ。

2008年2月 1日 (金)

春のあしおと

2008今日から2月。

おひな様を飾りました。
窓をピカピカにみがいて、カーテンをお洗濯したらお部屋に差し込む日差しにほんの少し春の色が混じっているような気がしました。

秋に植えた球根もちらっと頭を出して待機中。
何でもそう、待っている時間がいちばん楽しいのよね。


« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31