最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 成人の日 | トップページ | 100人の大合唱 »

2008年1月15日 (火)

デビュー戦決定

ポコが来月市内で行われる剣道の大会に出場する事になりました。
小学4年生以上が対象の小さな大会で、ポコは今回は個人戦だけです。

学年別の対戦らしいのですが、小さな頃からお稽古している子と当たるか運良く初心者と当たるか・・・それでだいぶ勝敗を左右しますよね。
なんだか親の方が今からドキドキです。
とにかくポコは緊張すると暴走してしまうので勝ち負け以前に試合のお作法とかきちんとできるのかすごく心配です。
この前も月例試合で最後に竹刀を納めて礼をするあたりの流れが何だか支離滅裂になってしまって大目玉くらってました(汗)
私だって何歩下がって礼をするとか、その辺の細かい所が今ひとつあやふやだし、試合を見ていても「1本」や「反則」の定義が良くわからなくて?の時があるので、これはちょっと試合に向けて勉強しないとまともに応援もできないなぁ~って感じです。

少し前までは道場の隅っこの方で個別指導してもらったりすることも多かったのですが最近はほとんどみんなと一緒の稽古で先生も初心者だからと特別扱いしてくれなくなってしまいました。
結構厳しくしごかれるので最近「行きたくないなぁ~」と言う日もあったのですが試合が決まってからまた何となくやる気になったみたいです。
休まず稽古に行って少しでも自信を持って試合に臨めればいいなと思います。

« 成人の日 | トップページ | 100人の大合唱 »

剣道」カテゴリの記事

コメント

>この前も月例試合で最後に竹刀を納めて礼をするあたりの流れが何だか支離滅裂になってしまって大目玉くらってました

わ~、厳しいのですね。
私は中学生からだから、そういう流れは忘れたことありませんが、小学生で習いたてならあり得ますよね・・・
先生はかなりきちんとしている方なのですね。
試合が終わったら、蹲踞して竹刀を納めて3歩下がって、礼でしたっけ?

試合の1本とか反則は慣れないとわかりませんよね。
慣れてきても、見ている角度でけっこう違う時もあって、それで審判が3人いるんでしょうね。

ただ、私は誰かの試合を見てる時より、自分が試合をしている方が、1本がよくわかりました。
いい面を打ち込まれたり、胴を抜かれたりすると、やられたって、感覚がはっきりありました。
その逆で自分の打った面が決まる感覚もだんだん身についてきました。

きっとそのうちポコくんがいろいろ教えてくれるようになるのでしょうね。

わぁ~、とっても参考になります、ありがとうございます。
やっぱり経験のある方じゃないとわからないことって多いですよね。
いつも脇からごちゃごちゃ言うと「やった事ないくせに~」ってポコに文句言われちゃうんですが確かににそのとおりですね。

>先生はかなりきちんとしている方なのですね。<
・・・どうなのでしょう?
他の道場を見学した事がないのでよくわからないのですが、うちのチームは一昨年メンバーのほとんどが中学生に上がってしまって残されたのが初心者の低学年ばかりが数人。去年一年は試合に出ては負け、出ては負けの繰り返しだったそうなんです。
高学年が対象の大会は人数が揃わなくて団体戦に出られない状態です。
なので先生も必死なのかもしれません。

私もダン様も文化部出身なのであの体育会系の雰囲気にはちょっと引いてしまいますが当のポコはそれほどでもないみたいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461818/9895990

この記事へのトラックバック一覧です: デビュー戦決定:

« 成人の日 | トップページ | 100人の大合唱 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31